会議ミーティングを開催|TeamViewer使い方

会議ミーティングを開催|TeamViewer使い方

TeamViewerを使用して会議を開催する方法について説明します。

開催する人と、会議に参加する人に分かれます。
参加者は最大25人参加できます。
(ビジネス版では15人、プレミア、コーポレート版は25人が参加できます)
≪料金についてはこちら≫

開催する側の操作

まず、開催する側の操作について説明します
【TeamViewer】の起動画面で[会議]をクリックします
meeting01
会議の開始方法には

  • プレゼンテーション
  • ビデオ動画
  • 電話

の3つから選べます
ここでは、ビデオ会議をクリックして進めてみます
(後程変更ができます。)
meeting02
【インスタントビデオ通話】のダイヤログが開きます。
マイク、カメラが接続されていない場合、下図のように灰色表示になりますので、Webカメラとマイクの接続をお願いします。
meeting03

ウィンドウ横にTeamViewerのダイヤログが立ち上がっていますので、
[参加者▼]をクリックします
”会議ID”が表示されます。
meeting04
この会議IDを参加者に伝えることで、会議に参加できます。

会議に参加する側の操作

次に、会議に参加する側の操作について説明します。

先ほど開催する側の操作で表示された”会議ID”を教えてもらい、
【TeamViewer】の起動画面で[会議]をクリックします
meeting01
”会議に参加”の”会議ID”の項目に、開催者から教えてもらった会議IDを入力し、
[会議に参加]をクリックします
meeting05

以上で会議に参加となります。
meeting06

三人以上で会議をする

三人以上で会議をする場合、先ほどの”会議ID”を教えていけば、複数人で会議ができます。

なお、一度、会議を終了すると(TeamViewerを閉じる)会議IDが変更になります