ショートカットキーの設定|TeamViewerの使い方

ショートカットキーの設定|TeamViewerの使い方

リモート操作する側のパソコンのショートカットキーを使用したい場合の説明をします。
例えば、ワードやエクセルのショートカットで有名な、[Ctrl+Z(戻す)]や[Ctrl+A(全部選択)]などのショートカットキーを利用したい場合、設定を行う必要があります。

その方法について説明します。
チームビューアーを立ち上げて、
上部にあるメニューの中から
[その他]-[オプション]をクリックします
【TeamViewerのオプション】が開きますので、
[リモートコントロール]タブをクリックし
”リモートコントロールデフォルト”項目の中の
[キーコンビネーション]にチェックマークを入れます。
short-cut01
これでリモート操作しているアプリのショートカットキーが使用できるようになります。

全てのショートカットキーが使用できるわけではない

ご理解いただきたいのが、すべてのショートカットキーを利用できるわけではないということをご理解ください。
例えば、photo shopなどで、スペースキーを押したままドラックすることで画面を移動するショートカットキーがありますが、これができません。ソフトによって、使用できないショートカットキーがあると思います。
そこは、我慢して、少し手間ですが、ツールバーなどから選択しながらコツコツと作業をされてください。

上記設定を行わない場合でも、TeamViewerから自動的に「ショートカットを設定しますか?」というウィンドウが上がるときがあります。
[このダイアログを今後表示しない]にチェックマークを入れ
[転送]をクリックします。
short-cut05